2021年5月7日金曜日

Windows 10 64bitで使えるSCSIカードを求めて

 ふとしたことから、SCSI接続のMOドライブを使って、MOに記録されたデータを読み出したいニーズが出てきました。
SCSI規格は、2000年ごろは全盛だったのですが、今となっては失われたテクノロジーとなっています。

SCSI接続のデバイスを利用するには、SCSI-USB変換ケーブルや、PCI接続のSCSIカードに接続する方法があります。

ノートPCならば前者が必須ですが、入手性が非常に悪く、むしろUSB接続のMOドライブを探すほうが簡単です。
一方、デスクトップPCならば、前者のSCSI-USB変換ケーブルに加え、PCI拡張スロットがあれば、後者のSCSIカードを利用することができます。

SCSIカードの有名どころといえばAdaptecで、SCSIデバイスのメーカが動作確認・保証するのは決まってこのAdaptec製のSCSIカードでした。
しかし、Adaptec(現在はMICROCHIPの製造元であるMicrosemiの一部門になっている)のSCSIカードは、多くはWindows 7 32bitまでのドライバしか提供されておらず、64bit環境での利用は出来ません。

今メインで利用している、Windows 10 64bitがインストールされているPCで利用できるSCSIカードがないか、いろいろ探してみたところ、Symbios/LSILogic 53C8XXベースのSCSIカードはWindows 10 64bit環境で使えそうなのがわかってきました。

どうも、Dawicontrolというストレージメーカが、自社製のSCSIカードをWindows 10 64bitで使えるようドライバを書いてくれているようで、大変ありがたいことです。

Symbios/LSILogic 53C8XX、具体的には53C860、53C870、53C875、53C895あたりは、IO-DATA製のSCSIカードに多く採用されていました。
これらのSCSIカードは、過去多数流通しており、今でもメルカリなどで出品されていたりするので、試しに一つ入手して試すことにしてみました。

入手したのは、SC-UPCINというカードで、搭載しているのは「LSI 53C870」というチップです。
基板の刻印は「SC-UPCIN-1」となっていました。

DawicontrolのドライバはSCSI BIOSが有効になっているとリソースの競合が起こるため、これを無効化する必要があります。
IO-DATAのSCSIカードであるSC-UPCI、及びそのバリエーションには、だいたいジャンパーがあり、JP1にある2つのジャンパーを両方ともOPENにすることにより、SCSI BIOS(AT互換機用/PC-98用)を無効化出来ます。
(JP2は内蔵ターミネーターの有効/無効の設定で、AUTOを意味する1-2のまま変更しません。)

JP2を変更し、SCSI BIOSの無効化の設定をしたら、あとはSC-UPCINをデスクトップPCのPCI拡張スロットに挿し、SCSIデバイスを接続してからPC本体を起動させるだけです。

無事、

Daiwacontrol DC-2975U/2976UW SCSI Hostadapter

と認識されました。

 Windows 10 64bitは未署名のドライバを弾くのですが、このドライバはちゃんと署名されているようで、何もせずに適用されます。


Daiwacontrolには本当に感謝の言葉しかないですね。

1 件のコメント:

  1. Seminole Hard Rock Hotel and Casino - Mapyro
    Information and Reviews about 광명 출장샵 Seminole Hard 부산광역 출장마사지 Rock Hotel and Casino, including Real Time 의정부 출장마사지 Reviews, Photos, Maps, Reviews, 보령 출장마사지 Special 태백 출장안마 Thanks and Reservations.

    返信削除